車売却後のトラブル

実際に車買取りをしてもらった際のよくあるトラブルの話をしたいと思います。
よくあるトラブルの例として買取り後に事故車と判明したというケースがあります。
例えば、査定を受けて提示された金額に納得して業者に車を引き渡した後にその業者が
近くのオートオークションにその車を出品したところ、事故車と判明したので査定時に
提示した金額では買い取ることができないという連絡が来たというようなケースです。
その場合に買い取り業者が査定額の減額を伝えてきて受け入れない場合は車の運送費を
支払わなければ車を返すことができないと言ってきてトラブルになることもあります。
売ったこっち側からするとそれじゃあ何のために査定したんだ?と言いたくなりますよね。
このケースでは買取りの際の契約書の中に瑕疵があった場合はその減額ができるというような
趣旨のおとが書いてあると減額ができるとされていますが、国民生活センターでは
原則としてそれを理由に減額や契約の解除に応じる必要はないと言っています
業者がそれにどのような反応を示すかはわかりませんが参考にするといいでしょう。
ちなみに大手車買取り業者のガリバーではこのような事例を防ぐためにクレームガードと
いう保険?のようなサービスがあります。
このサービス自体も費用が別途かかるので賛否両論あったりするのですが
後腐れなく車を売却したいと考えている方はそういったところで売るのも一つの手です。

日を増すごとにケチくさくなっている

人前ではそう思われないように振る舞うこともあるのですが、自分1人で完結することや
関係することになると結構ケチになるなと最近感じています。
というよりもそんなにこだわりがありません。
食べ物とかが特にそうなのですが誰かとご飯に行ったりする時なんかは値段とか
そういうことを一切気にしないのですが自分1人で外食に行ったりすると基本的に
値段を見て決めたり、スーパーに買い物に行った時は質とかそういうことじゃなくて
値段を見て一番安いのをついつい買ってしまうんですね。
特に最近になって思うのは電気代をいかに低く抑えるかということです。
ちょっと寒いなと思った時に誰かが部屋に来ていたりすると暖房付けたりするのですが
自分1人しか部屋にいない時は基本我慢するようにしています。
よっぽど寒くて限界を感じると付けたりもするんですけどそれはよっぽどの状況です。
若干前住んでいた部屋よりも広い部屋に引越したので部屋が大きくなった分1人でいる
時に暖房とか付けると勿体ないような気がしてしまうわけです。
でもさすがにそれでは冬を乗り切ることができないと薄々感じていたので着ることが
できる寝袋を買って部屋にいる時は基本寝袋を着ているという訳のわからない状態になってます。

生活リズムを整える

年末年始になるとより一層普段の生活パターンが崩れる機会が多くなるでしょう。
そうなると起こりやすいのがいわゆる時差ボケの状態なんだそうです。
一日二日ぐらいそんな状態が続く程度であればそんなに体にも支障はありませんが、
そのような状態がずっと続くと自律神経やホルモンバランスが崩れてしまってそれによる
病気を引き起こしてしまう可能性もあるので注意しないといけませんね。
できる限り生活のリズムを崩さないためには一日三食をしっかり食べることと、
例え夜遅くまで起きていたとしても朝8時には起きている状態にすることが大事なんだそうです。
もし徹夜とかになった場合でも朝方に寝るのではなく、そのまま起きていてその日の夜に
早めに寝るようにしたほうが生活リズムが崩れないためにはいいみたいですね。
とは言ってもさすがに眠いのを我慢して起き続けているのもなかなか大変ですよね。
仕事をしていたりとか起きていなければいけない状況にいる時と違って年末年始の
休みの日に眠いのを我慢して起き続けているのとでは訳が違いますからね。
そんな時はガッツリと寝てしまうのではなくて昼寝程度で1時間ぐらい眠るといいそうです。
この寒い時期に時差ボケの状態が長続きすると血管にかかわる病気に結びつきやすいと
言われているので休みとはいってもある程度生活リズムには気を付けたいですね。

メールで思うこと

インターネットのサービスなんかで会員登録をする時に誕生日とかを入力すると
まったくそんなことを意識していないけど誕生日にメールを開くと無機質な誕生日
おめでとうみたいなメールが届くことってありますよね。
結構どんなサイトでも真面目な情報を入力しているわけではないので結構適当な
誕生日を入力することも多くて一年で何回か本当は誕生日ではない日にそういった
メールが来て「誕生日じゃないし!」なんて一人で突っ込んでいたこともあるのですが
いざ本当に誕生日を迎えた時にそんなメールを見ると無機質でも少しだけ嬉しくなりますね。
中にはそういう誕生日を祝うページを一枚作ってそこに飛ばすみたいな方法を取っている
ちょっと凝ったことをしているサービスもあるみたいですけどちょっと好印象でした。
まあどれもこれも今になって始まったことではないですけど初めて誕生日の日に
パソコンのメールを開くなんてことをしたので自分にとっては新鮮な出来事でした。
普段は結構迷惑メールばっかりなのでむしろ普通のメールをその中から探し出すのに
苦労するわけなのですがこんなこともあるもんだなと思ってちょっと気分がホッコリです。
それにしても大事なメールが迷惑メールのフォルダに入ってどうでもいいメールばかりが
受信ボックスに届くのはなんとかしてほしいものですね。

本のまとめ買い

昔は普通に生活をしていると知らない間に漫画とか本とかをコンビニとかで買っていたので
気が付けば大量の本が部屋の中にあって本棚にも入りきらずに別に段ボールとかに収納して
いたので引越しをする時に全て処分をしてスッキリとさせるわけです。
もちろん気に入っているタイトルというのはそのまま持っていくのですが大半はちょっと
暇つぶしにと買った漫画とかが多くて全然続いていないわけです。
そんなことを考えて引越しをする時に毎回のように大きな本棚を買うわけなのですが
今回だけはどれだけ経っても本が一向に増える気配がありません。
最近外に出る機会も少ないので当然と言えば当然なのかもしれません。
さすがに寂しくなってきたのでいわゆる大人買いというので漫画でも買おうかと思います。
ただコレクターとしては一気に買えるので便利ということもあるのですが本屋とか古本屋で
何冊かずつ集めていって徐々にコンプリートする楽しさみたいなのもあったりします。
一時はおそらく1000冊は軽く超えていたと思いますがそれが今や100冊あるかないか
ぐらいなのでここは100巻を超えるこち亀かはじめの一歩でもまとめ買いしよう。

庶民の味方西友

家の近くに西友というスーパーがあります。
なんとなくですが個人的な考えで東京のスーパーはどこも高いというイメージがあったので
西友が安いと言っても東京の場合はそんなに安くはないだろうと思っていました。
実家が千葉なのですがたまに実家に帰った時に話していたりすると東京の西友のほうが
全然安かったりするパターンがあります。
例えばほぼ毎日のように飲んでいる午後の紅茶の無糖の2リットルのペットボトルが
あるのですが千葉で買うと150円ぐらいするのですが近くの西友だと130円ぐらいです。
まあ当然ものによって安いとか高いとかあると思うのですが千葉と東京じゃそんなに変わらないなと。
どうしてもスーパーという環境に行くと1円単位まで気になってしまうのですが、
近くに西友があって本当に助かっている気がします。
もっともっと安さだけを追及してくれればいいんですけどね。
最近よくあるホテルとかレストランの誤表示のように大抵の人は品質なんてわかりません。
一つ発覚したからとりあえず印象が薄れる時に発表しとけというあの一連の謝罪の流れは
好きではありませんが、それであれば少しでも安いものをと思うのは自然なのでしょう。

単身向けの引越しプラン

一人暮らしの引越しって業者に依頼するか自分でするか悩みますよね。
業者に頼むと楽は楽なんですけど一人暮らしの場合は荷物が少ないので
自分でもできるんじゃないかという考えが頭をよぎってしまいます。
そっちのほうが費用も安くなっていいんじゃないかとか・・・
最近はどこの引越し業者も単身向けのプランが充実しているという
印象ですけどCMとかでそのサービスプランの名称をガンガン言っていて
結局なにがすごいのかとかどこがお得なのかというのがわかりずらかったりします。
例えば荷物の量に制限がかかっていたりすると頼んだけど結局荷物の量が
規定の量を超えていてそんなに安くないということも起こりそうですからね。
自分で引越しをする面倒さを考えると運んでくれるだけでもやってくれる
業者がいいとか思ってしまいますよね。例えば赤帽の引越しとかそうですよね。
ただ実際に赤帽の引越しを頼んだ人の中には作業員がいるのに手伝ってくれないから
イライラするという人もいるみたいですね。まあ赤帽は基本的に運ぶだけのサービス
なので家の中に入って設置まで手伝ってくれるというのがそもそも甘い考えなんですけどね。

中古車の走行距離

中古車を購入する時や売却する時にその車の価格を左右する要素の一つに走行距離があります。
当然走行距離が短い車のほうが長い車よりは価格が高くなります。
また、単純に距離だけではなく、乗っている年数と走行距離の関係というのもあります。
例えば同じ走行距離の車だったとしても経過年数が違うと走りすぎの車とそうでない車を
分類することができるでしょう。経過年数による走りすぎかそうでないかの目安としては、
中古車市場の平均というところで見ると一年で約9000キロ程度になります。
なので現在の車の走行距離を経過年数で割って9000キロ以上であれば走りすぎている
という一つの目安になるでしょう。当然これは平均なのであくまでも目安となります。
地域や使用用途によって走行距離は異なってきますので多少の誤差があってもそこまで
気にすることはないでしょう。これは購入する時でも売却する時でも同じです。
例えば購入する時であれば、同じ車で同じ年式の中古車があった時なんかにこれを
一つの目安として走行距離によってどれぐらいの価格の違いが出るのかを計算して
自分のこれからの使用用途と照らし合わせてお得な中古車かどうかを判断することができます。

クレジットカードが必要なサービスの無料登録

ユーネクストとかフールーとか最近ビデオオンデマンドが昔に比べると
普及してきたなという印象がありますね。無料期間があってお試しできる
というのが大きいのかもしれませんね。実際に私も登録したことがあるのですが
サービスを体験するという期間なのに結構長くかなりの期間暇つぶしに利用させて
もらった記憶があります。クレジットカードの登録を無くせばもっと利用者が
増えるような気がしますけどね。そのまま有料会員に登録する場合は他にも
支払い方法が存在するのかもしれませんが無料登録の場合は確かクレジットカード
情報の記入が必須になっていたと思います。ということはクレジットカードを
持っていない人は無料登録できないということになりますね。裏ワザ的に
コンビニで買えるプリペイドカードかなんかでも使えるみたいな情報が
あったと思いますがその場合だと先に入金しないといけないですからね。
さすがに無料登録するためだけにそこまでするのは手間に感じてしまいます。
当然使い続けることが前提ならいいと思いますが。それだったら新たに
クレジットカードを作ってしまったほうが早いと思いますね。
楽天カードとかなら年会費もタダだしカード作るとポイントもらえますしね。

爪が綺麗じゃない

最近爪に横線が入ったり縦線が入ったり薄皮が剥けてきたりといろいろなトラブルが
発生しています。以前に爪は体の健康状態を写すものだというのをどこかで聞いたことが
あるのでさすがにちょっと不安になってきました。一応足の爪限定で起こっていること
なのですがきっと爪なら足だろうと指だろうと関係ないのでしょうね。縦線は以前から
入っていて爪を横になぞると凸凹した感じがします。これは調べた結果加齢によるもの
だとわかったのでそこまで気にしないようにしました。ちょっと磨いたりすれば滑らかに
なるみたいなのですがあまり爪がピカピカに輝いていてもおかしいので健康に害がないなら
そのまま放っておこうかと思います。最近特に目立つのが爪の薄皮が剥けることですね。
これは足の爪の中でも親指限定のことなのですが何もせずとも明らかに剥いてくれと
言わんばかりの状態になっているのでつい剥いてしまいます。これは調べてみると
栄養不足とか栄養バランスが偏っている時に起こるようですね。鉄分系が足りていない
みたいです。確かにそう言われてみると鉄分が足りていないような気もしますね。
そもそも鉄分って何を食べればいいのかすらわかりません。そういう時はきっと
サプリメントを買えという合図なんでしょうね。