メラトニンとは?

メラトニンとは睡眠ホルモンのことで、脈拍、血圧、体温を低下させ眠りを誘います。いつでも分泌しているわけではなく、昼間は少なく夕方から夜には多く分泌されています。自然に眠りに付けるのは、メラトニンのおかげだということです。不足すると当然不眠になり睡眠障害を招くことになります。年齢を重ねると分泌が少なくなるので、高齢者の朝が早く、寝ても眠りが浅くなるのは減少していることが原因です。

研究では、外からメラトニンを注入すると安眠できるということもわかっているので、睡眠と深く関係しているということです。神経伝達物質の一種セロトニン が不足すると、メラトニンも分泌されません。セロトニンは不足すると心のバランスを崩し、暴走してキレやすくなったり、鬱状態になったりします。鬱病の人 は不眠症も発症させているのは、このふたつの物質が関係していることが原因です。メラトニンを分泌させるためには光が関係しています。朝起きて太陽の光を いっぱい浴び網膜に受けることで、時間をかけて分泌します。夕方から夜にかけて多く分泌して眠りを誘うのはこのためです。