セロトニン呼吸法について

精神的にリラックスした状態を保つために重要なホルモンがセロトニンです。
セロトニンは神経伝達物質の一つです。
実は現代人にはこのセロトニンが不足していると言われています。
このセロトニンが不足しているとどのようなことが起きるかというと不眠やうつの症状です。
なのでそうならないためにも、またそういった症状を改善するためにもセロトニン不足の
状態に陥らないために常日頃から気を付けたいものですね。

セロトニンを増やす方法はいくつかありますがその中の一つにセロトニン呼吸法というのがあります。
セロトニン呼吸法とは何か?と言えば読んで字のごとく意識的に取り入れることで
セロトニンの分泌量を増やすことができると言われている呼吸の仕方です。
これは巷の噂レベルの話ではなくしっかりと研究者たちが日夜研究していることでもあります。
第一人者というと有田秀穂さんという人の名前が出てきますね。
簡単にいうと筋肉が緊張しない姿勢で座り腹筋を絞り出すように息を吐くような感じです。
いつだったか話題になっていたダイエットの呼吸法に似ていますね。
名前を思い出したいのですが全く出てこないのでそのままにしておきましょう。
さすがにあそこまで激しくやる必要はありません。
むしろセロトニン呼吸法は疲れないことが重要なので激しくしてはダメです。
ただ吸う時よりも吐く時が大事なのでそう考えると力加減が難しいですね。