下取りと買取りのメリットデメリット

新車を購入する時にその時に乗っている車を下取りに出すという人は多いでしょう。
ちなみに下取りというのは買取りとはまた違うものです。通常は下取りに出すと
新車を値引きしてくれることになるのでお得になった感じがあると思いますが
ほとんどの場合はディーラーの巧みな話術でお得になったような気がするだけで
買取りをしてもらった場合と比べると金銭的には損をしていることが多いのです。
なのでお金のことだけを考えるのであれば間違いなくその時に乗っている車は
買取りに出したほうが高く売れるのですが下取りの場合は手間が少なくなります。

買取りの場合でも車を持ち込むだけなのでそんなに手間はかからないかもしれませんが
高く売ることを考えた場合必ずと言っていいほど持ち込んで査定をしてもらっても
あまり高値は期待できません。高値で車を売却するならいくつかの買取り店に
査定をしてもらって比較しなければ一番高く売るということは不可能でしょう。
もちろん元々そういった知識があれば別な話ですが。まあ最近はわざわざ買取り店に
持ち込まなくてもオンラインの一括査定なんかに頼めば自宅まで出張査定みたいな
感じで来てくれるので以前に比べれば買取りにかかる手間も大分少なくはなりましたけどね。