中古車の走行距離

中古車を購入する時や売却する時にその車の価格を左右する要素の一つに走行距離があります。
当然走行距離が短い車のほうが長い車よりは価格が高くなります。
また、単純に距離だけではなく、乗っている年数と走行距離の関係というのもあります。
例えば同じ走行距離の車だったとしても経過年数が違うと走りすぎの車とそうでない車を
分類することができるでしょう。経過年数による走りすぎかそうでないかの目安としては、
中古車市場の平均というところで見ると一年で約9000キロ程度になります。
なので現在の車の走行距離を経過年数で割って9000キロ以上であれば走りすぎている
という一つの目安になるでしょう。当然これは平均なのであくまでも目安となります。
地域や使用用途によって走行距離は異なってきますので多少の誤差があってもそこまで
気にすることはないでしょう。これは購入する時でも売却する時でも同じです。
例えば購入する時であれば、同じ車で同じ年式の中古車があった時なんかにこれを
一つの目安として走行距離によってどれぐらいの価格の違いが出るのかを計算して
自分のこれからの使用用途と照らし合わせてお得な中古車かどうかを判断することができます。